イースターエッグの夜 こぼれおちる、



スポンサーサイト --.--.--(--) 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告]  |

鶯と鳴かぬ秋の午後 2015.01.29(Thu) 

いつだったか黄緑色の小鳥がちゅいちゅい鳴いてた
たぶん春のこと
だから今日はおはぎを作って
思い出話でもしましょうよ








  1 ことはじめ

 ではあなたにとっての死とはどのようなものであるのだ?(愚問かね)(あァ愚問だ)


  

 潮騒の向こうで春の蜃気楼が気まぐれに揺らめいているのでわたしは必死に瞼を押し上げて首を伸ばしたけれど残念ながら逃げ水よりも淡くそれは掻き消えてしまいました。悲しいことです。口惜しいことです。少しの腹立たしさがまるで思春期の絶望のようにわたしの胸を蝕みます。海辺の花は枯れています。塩がいけないのです。か弱い花は海風に弱いのです。枯れてしまうのです。ひどい話です。茶色い花のなれの果てがさびしげに転がります。褪せた輝きが胸を圧します。くるしい、くるしい、くるしい、赤子の悲鳴のような喘鳴のように。


  

 神様にでもなりたいのですか、とわたしが問いますと
 それもいいかもしれない、と彼は神妙な顔で頷いた


  
 
 ほたほたと雨が降っています。肌寒いですが、雨水はあたたかいです。頬を濡らすそのぬくもりが血のようでした。ほたほたと血が降っているのです。いいえ雨です。雨があたたかいのです。綿のようです。けれど傷のようにじんわりと重いのです。雨が降っています。砂糖とミルクをたっぷりいれたあたたかい珈琲を飲みたい、と思ったのでわたしは我に返りました。残像がちら、と赤く。


  

 家の中に戻るというのはどうも黄泉路を抜けるようです。
 あるいは黄泉がえりでしょう。と、隣の幽霊が笑った。


  

 花みたいに可憐で暴風のように残酷で空のように気まぐれであなたはとても人間だった、わたしがひとを認識するためにあなたがなんとしてでも必要だった、そうなのですそうなのですでもそれは過去のはなしなのですと意地を張る少年の腹の中。
 

  

 音楽が聞こえないよ
 もうここには何もない
 葉のざわめきも鳥の歌声もひとびとのさんざめく笑声も!
 音楽が聞こえない、聞こえないんだ!


  

 秋晴れの空はすべてに解放されたかのような錯覚を起こします。すがすがしく甘い空気を胸いっぱい吸い込みますと今朝はたいそうご機嫌になれます。なんとうつくしいのでしょう! それが青ければなんでもよろしいのです、一分先にあるいは猫の死骸と出会うとしても。


  

 春を夢見てます。春を夢見てます。
 わたしはえいえんに駄々をこねて、
 無垢な春を待っているのです。


  10

 夢のなかのあなたは静かに本をめくっていました。ぱらりぱらりと奥ゆかしい音が聞こえます。ほっそりと白いたおやかなゆびにめくられることを、本は恥じているのです。純情な本の頁はひどくじれったく、ゆっくりと、ふるえるようにめくられます。わたしはそっとそのひとの横顔を覗きます。ひかりを浴びてとろけるようなうつくしい横顔がそこにあります。胸がいっぱいになってああ今にも死んでしまいそう! あなたの長く、ほのかに揺れる、ゆたかな睫! そのひとつほどに触れてみたく存じます。そっと上向きに撫でて差し上げたい。ああそしてあわよくばその奥に隠れる貞淑な瞳を爪の先掠めたい! そしたら赤い唇はきっと驚きにすぼみ、そして少女のように頬を染めるでしょうか薔薇色に。ああ恋の色です、薔薇色は恋の色。恋は燃え上がる幻想なのです。
 ああ、薔薇を灰に変え。


  11

 かつて一緒に映画を見ましたでしょう、
 あのからからとフィルムの回る音?
 わたくしはべたべたの恋愛だつまらぬと腐したけれど
 ほんとはあなたの手を握れず拗ねていましたのでございます
 ところで内容は覚えていない
 コーラがたいそう冷たかったことだけしか


  12

 きみはマリオネットだっただろうか女神様の糸に引かれて
 わたしにあれほどの幸福をもたらしたというのに
 繰り手よ、ああ! 意志を持って彼女は去った!


  13

 ふんわりふんわりとパイプの煙がわっかになります。ねむたい午後です。腑抜けた身から錆びついた魚が飛び出て大儀そうにため息を吐きます。失礼な魚です。煙で世界はいっぱいです。いもむしの煙のように七色です。いもむしは蝶々になりますが、
 残念ながら、
 魚は息絶えるだけ。


  14

 生き物って汚ぇなあ。
 生まれるって汚ぇなあ。
 無機物はあんなにも端然とお美しくいらっしゃるのに。


  15

 季節が回ります、季節が回ります。くるくるくると紅葉さまが回ります。銀杏さまもきれいです。めまいがするほどくるくると回っています。あとからあとから降ってまいります。きれいです。とってもきれいです。くるくるくるくるくるくる回ります。噎せかえるほどの秋でございます。はあ、なんと淋しい。


  ・紙幅が満たないのでたわごと

 ここはおそらく、えいえんをたどる岸辺で
 あすこにたゆたう船は
 ミルキーウェイを通って月を目指すの
 紙魚が海を泳ぐなんておかしなこと!


  ・ついでにうわごと

 ねえもし死ぬ瞬間に颯爽とあなたが訪れて
 ねえわたしのゆびのさきにふわっとくちづけて
 さよならって笑ってくれたらどうしよう!
 きっともう一回死んじゃうわ!
 こんなに他人をーーいいえ何かを!ーー愛することなんてもう一生ないのでしょうにとひとりぼっちのわたし秋の夕暮れ受けて嘆息する。
 わたしのかみさま、どうか風の向こうでいいから泣いてください、
 夜にひとりで沈むわたしを、いつかの情で哀れんで


  ・末尾

 朝がくるのでおやすみなさい
 ぼくはもうひとりで眠れます
 だから穏やかな気持ちで祈ります

 明日のあなたが
 きっとたらふく幸せでありますように
 願わくは 願わくは



参考:中原中也『盲目の秋』

今年はついに正月ネタもあげられなくてショック! いや作ってはあったんですけど時期を逸し……今更あげるのもなあ!とですね……。あけましておめでとうございます。
棒線部内のは某所に提出したやつなので色々肩肘張っててあばばばってかんじですがお茶を濁す! 今日から数日旅行に行きます。知人に促されるままに行きます。楽しみなんですが、こんな当日になってまで私はレポートを書いていたことを白状します……クズ……!! あと昨日半田付けしていて火傷した手が痛いです。マジで。火傷ってこんな……痛み続くものだっけ……! あとなんか目も痛い……なんだこれ……! 病院に行きたい。全体的にぼろ雑巾みたいですが元気です。皆さんにとって今年が愉快で楽しい一年でありますように。

[] |コメント : 2トラックバック : 0  |

comment

  

まあすべての物事は決定論的な因果律の連鎖の中にあることですし(なぐさめてる……のだろうか?(汗))

2015-02-01|ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|URL|[ 編集 ]

ポール・ブリッツさま

ううう、そうですね……因果律……すべてが一点集中して……(ぐるぐる)
とにかく具合の悪いところをなんとかしたいと思いまする!

2015-02-06|歌 #-|URL|[ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback

Next |TOPBack

categories

未分類 : 282   小説 : 13   漫画 : 9   輪 : 138   リレー小説 : 3   six words : 13   頂きもの : 39   供物 : 40   お題より : 42   引用 : 4   雑々 : 28   ガチョウ : 13   雑 : 513   

profile

祭 歌

祭 歌

uta matsuri:
チョコレート中毒に加え重度の活字中毒です。虚弱ひ弱胃弱の三冠チキン。はなしかけてやると小躍りします。隠居したい。
ここにおいている詩はお題として使用可能です。使ってやると喜びます。
ついった





祭 歌の最近読んだ本
つまらんところですが、のほほんとしていって下さったら幸いです。


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



応援!



thanks!! : ST / 春祭

終了自催:EASTER RABBIT ご参加くださった方々、ありがとうございました!






 

comments

灰でできた地図を往く:歌
灰でできた地図を往く:ポール・ブリッツ
運命は百億光年の彼方に融けた:ポール・ブリッツ
沈黙の森、レテ、星は涙の痕:歌
まろやかなあなたの寝顔のように:歌
沈黙の森、レテ、星は涙の痕:ポール・ブリッツ
まろやかなあなたの寝顔のように:ポール・ブリッツ
鶯と鳴かぬ秋の午後:歌
鶯と鳴かぬ秋の午後:ポール・ブリッツ
感傷的な自傷と嘯きおまえの心臓を針で撫でた:歌
感傷的な自傷と嘯きおまえの心臓を針で撫でた:某人
感傷的な自傷と嘯きおまえの心臓を針で撫でた:ポール・ブリッツ

trackbacks

祭すぺさるルールでもう一度行くべさー!:ふわあぃ!
騎士と姫君、それからカエルの王子様。:ゲーム攻略
騎士と姫君、それからカエルの王子様。:マンガ情報サイト
ある意味私信、のようなこと。:AKB48前田敦子の激似A.V
解剖されてみた!:ふわあぃ!
Aries. まほろばの春 アネモネの記憶 笑顔は雨に濡れていた *+君に捧げる小夜曲+* Shy Dreamerの詩(うた) 元気と癒しのブログ ぬいぐるみせ~じん 空の世界 だから8割ウソなんだってば。 POETRY STUDIO ヨルダ 涙空 雪を照らす月の光 Twilight of midnight 夢色の約束 みかんの小部屋 藍空 氷雨見ながら何思う 霞 喰 狼 宙 ノ 糸 曖昧な楽園 クリスタルの断章 星屑メランコリック 空への手紙 巡る時間、周る輪廻 HIDE AND SEEK 零れ落ちた幸せ 雲唄 夢と現のはざまにて あだしの 迷い猫 空想メランコリア はなのみ亭 園田文庫 無限遊技場 妄想に食べられた 病める花々 うつつ彷徨う筆跡 夢見うさぎの大脱走 made in alice* pop-corinnu オペラ 王子様(笑)シリーズ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。